シミ の 飲み薬 医薬品 は どれがいい? シミ の 飲み薬 を 選ぶ ポイント とは?

シミ の 飲み薬 医薬品 は どれがいい?  シミ の 飲み薬 を 選ぶ ポイント とは?

シミの医薬品はどれがいいの??

シミの医薬品は2種類しかなかった!

シミの医薬品となると、基本的に
2種類というか2つの成分が
ほとんどなんですよね。

・シナール
・ハイチオール

の主に2種類。

呼び方や名前が違ったりしますが
基本的に病院でも処方されるのも
この2種類です。

飲み薬でなければ、ハイドロキノン
などもシミの治療に使われる
有名な塗り薬ですね。

シナールとは??

シナールはビタミン剤です。

主にビタミンC(アスコルビン酸)を
含んだ製剤ですね。

このビタミン剤がシミ治療に使われます。

ハイチオールとは??

ハイチオールはLシステインとも
呼ばれる成分です。

シミの原因のメラニンを肌の外に
排出を促す成分として注目を
集めているんですよね。

これらの2つの成分を含む
飲み薬を選ぶのがポイントなんです!

シミの飲み薬ランキング

1位 ロスミンローヤル


シナール、ハイチオールに加えて
漢方成分を取り入れた飲み薬

今までのシミのお薬の定番の成分
シナールやハイチオールに加えて
生薬成分も加わった新しいお薬。

当帰芍薬散という漢方成分が
シミにいいのは昔から有名。

そんな漢方薬の成分をシミの飲み薬に
取り入れたのがこのロスミンローヤル
なんですよね。

今までのシミの飲み薬で満足できなかった
人にぴったりのシミの飲み薬。

>>ロスミンローヤルの詳細を確認する! 

2位 ホワイピュア


トップクラスの有効成分!

シナールやハイチオールなどの
有効成分が市販の飲み薬の中でも
トップクラスに含まれているのが
このホワイピュア。

まだまだ、新発売の飲み薬で
知名度は低いですが、有効成分料では
市販のものではトップクラス。

シナールやハイチオールの含有量が
多い市販薬をお探しの方にぴったり!

>>ホワイピュアの詳細を確認する!

3位 キミエホワイト


テレビ通販でもおなじみのシミ薬!

富山のシミ薬として有名な富山常備薬
グループのキミエホワイト。

テレビ通販に力を入れているので
テレビで見かける機会も多いですよね。

新聞などでもよくチラシも見かける
露出の多いシミ薬なんですよね。

知名度で選びたい人にぴったりの
シミ薬なんです!

>>キミエホワイトの詳細を確認する! 

シミの飲み薬のメリット、デメリットとは?

シミの飲み薬のメリットデメリットとは??

シミの治療方法もたくさんありますが
それぞれメリットデメリットがあります。

飲み薬も例外ではありません。

目的に合わせて選ぶことが重要なんですよね。

シミの飲み薬のデメリット

効果を実感するまで時間がかかる!

飲み薬のデメリットとして、
効果を実感するまでに時間が
かかる点があります。

これは化粧品も同様です。

レーザー治療などにだと、すぐに
実感できますが、飲み薬だと短くても
数ヶ月単位で取り組む必要があります。

ターンオーバーの周期による
部分も大きいですからね。

その点がデメリットです。

シミの飲み薬のメリットとは?

肌へのダメージが少ない!

飲み薬のメリットは肌に負担を
一切かけないこと。

美白化粧品などだと、少し前に
問題になった白斑などの問題が
起きる可能性も0ではありませんからね。

その点、飲み薬なら安心。

敏感肌の人でもしっかりシミ対策
できるのが魅力なんですよね。

一番オススメな方法が、複数の
方法を併用すること。

飲み薬の一番のメリットは外からの
治療と併用できることなんですよね。

内側からできることと、外側からできる
ことは全く違うので役割分担して
うまくやることが一番効果高いです。

レーザー治療なんかやっても
内服薬は渡されますからね。

併用して行うのが理想的。

特に漢方薬は、体質の改善が
できるのでいいんですよね。

多くの場合、シミの原因は
紫外線などももちろんありますが
ターンオーバーができなくなっている
ことがほとんどなんです。

その点、漢方薬はその点に着目して
お肌の栄養である血行を促してくれるので
ぴったりなんですよね。


>>ロスミンローヤルの詳細を確認する!